埼玉県の探偵ならマックス調査事務所。情報・証拠収集は経験と実績豊富なマックスにお任せ下さい!

夫婦関係を修復させる 成功に導く方法

夫婦関係を修復させる 成功に導く方法

夫婦関係修復

夫婦関係の修復を考える前に

夫婦の間では最大の裏切り行為となる浮気。浮気をした側は、ちょっと魔がさした、たった一度の過ちだったとしても、浮気をされた側は、離婚を真剣に考えるほど大きな衝撃を受けます。

浮気をしたことに対し真剣に謝罪するパートナーの姿、または、子供や今後の生活のためなどの理由から夫婦関係の修復を考える方も多くいますが、関係をしっかり修復するためには考えている以上に時間は長くかかるものです。

夫婦関係の修復を検討している方のために、「修復を成功させるためのコツ」を紹介します。

簡単には忘れられない

心の傷というのは、どこまでも強く深く残る方もいれば、努力によって時間はかかるが回復に向かう方もいるので、個人差がとても大きくなります。今まで信頼していたパートナーの浮気を疑い、それが現実になった時、裏切られた時の気持ちは忘れることはできませんが、時間が経過する中、夫婦関係が少しずつ改善されていくことで気持ちはかなり落ち着いていきます。

無理にパートナーを許さなくてもいい

パートナーの浮気を受け止め、もう一度夫婦として前向きに頑張っていこうと思っても、裏切りによって深く傷ついた心は簡単に癒すことは出来ませんし、浮気をしたパートナーを許せないと思うのは当然です。

ふとした瞬間に思い出しては嫌な気持ちになったり、帰宅時間になってもなかなか帰ってこないと不安になったり、なぜこんな人と結婚してしまったのかと後悔をしたり、想像以上の辛さが突然こみ上げてくることもあります。

パートナーを再び信用する事は思った以上に難しく、時には心が折れてしまうこともある中で、修復をするために努力をするのはとても大変な事です。短期間で、自分の中の複雑な気持ちに整理がつかないのは普通の事です。安心してください。

浮気を許すことと夫婦の関係を修復することを別で考えてみる
「浮気を許すことは出来ない」と感じていても、関係を修復させることは可能です。

最初から無理をして浮気を許す必要はなく、その過程で「許せそう」「許せるかもしれない」と思えるようになれば、まずはそれだけでも十分です。

不信感や疑念、納得できないことなどが心の中に残っていたとしても、焦らずゆっくり、そのときに自分にできることから始めてみましょう。

固定観念を捨ててみる

結婚生活や夫婦関係、人生はこういうものだと決めつけてしまう固定観念は、知らずに自分の首を絞めてしまうことがあります。

一度、「結婚とはこうであるべき」「夫婦とはこういうもの」という考え方を捨て、いろいろな意見に触れてみましょう。

視野が広くなり、今までの自分の思い込みに気付いた時には、これからの夫婦関係や人生においても大きな変化をもたらすでしょう。

周りの意見に左右されない

友人、知人、両親など、周りにいる方が親切心からアドバイスをしてくれることがあると思います。状況によっては周りの方の意見を参考に考えることも良いと思います。

しかし、夫婦の問題は夫婦にしか分からないことも多いので、周りからの意見はストレートに受け止めず、時には聞き流したり、割り切ることも大切です。

夫婦関係を修復する前にほとんどの方が離婚するべきか、関係を修復するべきかをかなりの期間悩み、時には友人、家族に相談していますが、最近では、浮気問題を専門に取り扱っている探偵事務所に相談をする方も増えています。

関係修復をするための大切なポイント

浮気をした過去の話はしない

離婚を回避し関係を修復したいと考えている場合、過去の浮気を問い詰めることで関係は良くなりません。パートナーの浮気を許せなくても、過去の浮気の話をするのは止めるようにしましょう。

どうしても愚痴や文句が言いたくなってしまった時は、パートナー以外に話しましょう。関係を修復するために大切なのは、過去の浮気を振り返るのではなく、「これからをどのように生きていきたいか」という事だと思います。

自分の気持ちを伝える

最初に「離婚は考えていないこと、夫婦関係を修復したい」という気持ちを伝えます。パートナーに「離婚したい」という気持ちがあるときは(お互いの気持ちに温度差がある段階で)、お互いの言いたいことを言っても感情的になってしまい口論になってしまう、今までに起こった嫌なことを思い出してしまう、その結果、今後は夫婦で話し合う事はしたくないという修復とは程遠い方向に向かってしまいます。

この場合、お互いの見方、感じ方、解釈の仕方が違うので理解のできないことが多く、そのような状況で話し合いをすればするほど溝は深まっていきます。そんな時は、さりげない気遣いから始めていきましょう。

パートナーの気持ちも考えてみる

浮気をしたのはパートナーですが、もしかしたらパートナーに愛想をつかされてしまうような行動、言動を自分がしていたかもしれません。自分では良いと思ってやっている、正しいと思ってやっていることが、実は改めなければならないことだったということもあります。

関係を修復するためにはパートナーだけが考えを改めるのではなく、お互いに見直す必要があるのかもしれません。

ルールを考える

同じ過ちを繰り返さないようにルールを考えましょう。お互いに自分がしてしまったことの過ちを認め改善することは必要です。

しかし、言葉で言うほど簡単に行かないことも多く、例え上手くいかなくても今までのやり方を変えようとするための努力をしている事は、自ずとパートナーに伝わります。

また、今後してほしくない言動等が分かるので誤解をすることもかなり少なくなります。

パートナーとの将来を考える

些細なことの積み重ねや、お互いの誤解によって夫婦関係がこじれます。しかし、既に起こってしまつたことは変えられません。

変えることが出来るのは今からです。「夫婦でこれからをどう歩んでいきたいか」や、「リタイアした後どのような生活がしたいか」など将来に目を向けて考えるようにしていくと次第に気持ちも変わり、前向きに関係を修復できるかもしれません。

パートナーの予定を把握する

予定を把握しておくことで、より安心できるようになります。仕事が終わる時間や、帰りが遅くなる時にはなぜ遅くなるのかなどをしっかり理解することで、誤解と不安はだいぶ取り除けます。

ただし、これはお互いに話し合える状況にまでなった時にできることで、パートナーとの会話がギクシャクしているような状況では逆効果になります。

別居はしない

「冷静になるために距離を置きましょう」とのアドバイスを目にすることが多いのですが、修復を前提とするならば別居はおすすめできない行為です。

高い確率で修復どころではなくなり離婚となります。特にパートナーが浮気をしていたという過去があるのなら、別居することで状況は悪化していきます。

修復が難しいケース

長い夫婦生活のなかでは様々な問題が起こります。浮気、DV、借金等は代表的な問題で、何度も繰り返されることが多く注意が必要です。

初めは夫婦関係を修復できると一生懸命に頑張っても、途中で辛くなったり、悲しくなったり、やりきれなくなったり、自分を追い詰めてしまう状態が続くなら、一度リセットし考え直してみることが必要です。

浮気に以下が加わると、さらに修復は難しくなります。

夫が原因

・DV家庭内暴力 (身体的暴力・心理的暴力・経済的暴力・性的暴力を含む)
・モラハラ 精神的な暴力・嫌がらせ
・収入がないのに働かない
・ギャンブル・アルコール・セックス・薬物などの依存
・度を超えた浪費
・借金(高額・頻度が多い)
・犯罪や逮捕歴
・悪質な浮気をしている・過去にしたことがある(例)自撮りしたセックスの画像や動画を携帯やPCに保存・浮気相手の女性に子供を産ませるなどの行為は、その方自身に深刻な問題があるケースが目立ちます。

妻の原因

・夫への暴力 (叩く・殴る・蹴る・脅す)
・育児や家事の放棄
・片づけられない・買い物依存・実家依存

一時的に関係の修復ができたとしても、あなたが受ける辛さは尋常ではありません。浮気を始め、さまざまな夫婦問題が原因で心が病んでしまう可能性が非常に高く、今後の日常生活に支障をきたす恐れがあります。

また、依存症については、専門の医療機関でのカウンセリングや治療などを受けて改善したケースがありますが、多くはまた繰り返してしてしまうという結果になっています。

浮気をしたことに対し、パートナーがいくら反省していても何度も謝罪されても、状況によっては許せない場合があります。

特に自分が浮気に対し嫌悪感がある場合や、自分にはそっけなく浮気相手には相当貢いでいた、DV(身体的、精神的暴力) 嫌がらせを受けていたなど、これから先の結婚生活に支障が出る場合や、許せないポイントがあまりにも多すぎて、パートナーの反省や謝罪を受け入れることが出来ない。そんな時には、万が一に備えることも考えてみましょう。

証拠を手に入れる

パートナーの浮気などが許せず、離婚もできない場合、話がこじれると裁判所で調停や裁判になる可能性もあります。浮気相手と性的な関係があったと思わせるメールや写真、浮気相手に使っただろうと思われる買い物の領収書など、疑わしいと思われるものは全て確保しておきましょう。

自分で証拠を掴むのは難易度が高く、気付かれてしまうと相手は警戒しますので、浮気をしているのは確実だけれど証拠がつかめないということにもなります。浮気の証拠を手に入れることで、浮気をした側が離婚を主張しても不利な立場になります。

浮気調査にかかる費用は決して安くはありませんが、証拠ひとつで、「気持ちに余裕がでる」「証拠があるだけで安心感が明らかに違う」という依頼者様の声があるように、事態が急変しても自分を守れる証拠があることで精神的に落ち着き、安心して生活ができることは貴重です。 

浮気の証拠はマックスにお任せ下さい!

埼玉の探偵事務所「マックス調査事務所」は、浮気調査に豊富な実績と経験がございます。「浮気の証拠を得たい」とお考えの方は、一度当社までご相談下さい。

あなたにピッタリの調査プランをご提案致します。また、調査に掛かる費用のお見積りは、完全無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

コメント


認証コード2074

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional