埼玉県の探偵ならマックス調査事務所。情報・証拠収集は経験と実績豊富なマックスにお任せ下さい!

調査事例 夫の浮気(調査日数1日)

調査事例 夫の浮気(調査日数1日)

夫の浮気調査

依頼人:越谷市 M様 女性

週末になると接待や、仕事が入ることがあるが、最近では、帰宅する時間が翌日になることが目立つようになる。以前に比べて夫の行動や態度に変化が現れた。クレジットカードで引き落とされる金額も増え、先月の請求では、かなりの出費があった。週末の外出、出費は仕事関係のものなのかを知りたい。○日の金曜日の夜は仕事になると夫が言っているので、金曜日の一日だけ夫の調査をお願いし、今後の様子を見たい。

調査結果

会社退社後の夫の行動を調査するため、17時から文京区内にある夫の会社から調査をスタート。調査員は別々の場所にて待機。しかし、定時になっても出てこない。すると、正面のエントランスではなく、もう一つの方から現れる。会社から出てきた夫は、少し早歩きで最寄りの駅まで歩き、電車に乗車し、繁華街のある大きな駅で降りる。改札を出たところで立ち止まり、携帯を取り出した。調査員が近づいてみると、○○という名前の女性とラインをしているのを確認。その数分後に女性が現れる。

二人は駅から少し歩いたところにある焼き肉店に入る。こちらも店内に入り、夫のテーブルに近い場所をキープする。女性の首には小ぶりではあるがシンプルでセンスの良いネックレスを身に着けている。夫はそれに触れながら女性を褒めている。話を聞いていると、先週買ったばかりだという。様々な情報を入手。二人の行動が落ち着いたところで調査員が依頼者様(妻)に電話にて状況を知らせる。

焼き肉店にて1時半ほど食事を楽しみ店を出る。二人は駅とは逆方面に歩き出す。コンビニで飲料水を買い、近くにある公園のベンチに座る。15分くらい話をしたところで立ち上がり手を繋いで歩き出す。その後ホテル○○に入る。調査員は依頼者様(妻)に連絡し、状況を知らせ、6時間の契約が23時にて終了することを伝える。こちらの判断で勝手に調査を進めることはできないので、23時で終了とするか、ホテルから出るところまでを証拠として押さえるか、依頼者様(妻)に確認をとる。

依頼者様(妻)は「こうなると予想はしていたが、実際にこのようなことが起こると混乱します。但し、今日は不貞行為の証拠を確実に抑えるチャンスであることから延長を強くお勧めし、ホテルから出て来るところの撮影と、浮気相手の自宅割り出しまで調査を継続することになりました。

依頼者様からのコメント

調査中に調査の延長、追加調査が必要な場合には調査員の方から連絡がきて、なぜそれが必要なのかを分かりやすく説明してくれます。もし、こちらが必要ないと判断した時には、こちら側の意見を尊重してくださいます。また、状況報告をしてくれますのでリアルに夫の様子がわかります。調査の結果を知ってから、夫との離婚も考え始めました。帰りが遅い日に、夫はこの女性と頻繁に会っているのか?会うといつもホテルに行くのか?職場はどこなのかがとても気になります。今後に備えてきちんと把握したいので、再依頼をしたいと思います。よろしくお願いします。

MAX探偵事務所からのコメント

調査中のお二人の会話を聞いていますと、夫が女性に対してかなり積極的です。また、夫は何度もこちらの女性の喜ぶような物をプレゼントしているようです。男性がこのような行動をする場合には相手の女性に対する気持ちは本気で、大切な存在と考えている場合が多くあります。このまま関係が続いていくと状況によっては比較的早い時期に夫から離婚の話が出で来る可能性もないとは言えません。再依頼承りました。詳しいお話はまた改めてお伺いいたします。こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。

コメント


認証コード3553

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional