埼玉県の探偵ならマックス調査事務所。情報・証拠収集は経験と実績豊富なマックスにお任せ下さい!

調査対象者の行動を内部情報から得る

トップ探偵アドバイス調査対象者の行動を内部情報から得る

調査対象者の行動を内部情報から得る



社内恋愛で結婚した場合などでは、妻の元同僚や上司、元部下だった人物から夫の行動情報得をられるケースも少なくありません。親族企業では親戚関係の人物などから情報を得ます。


気をつけなくてはいけないのは、情報得る人物が信用できる人間であるかどうか?


以前当社で経験した事案では、情報提供者が依頼人の夫と不倫関係にあったという事実がある。また、夫の男性同僚社員が、夫に対し、「お前の奥さんが俺からお前の情報を得ようとしている」と言ってしまっていることさえある。情報提供者の選別は十分に注意を払う必要がある。


また、妻と密接な関係であった社内の人物には夫は注意を払います。例えば、わざと嘘の情報を流して、行動を悟られないようにします。


飲み会やイベントがある場合は、ほぼ開催される場所が特定されていますから、調査時間も勤務後ではなく、その飲み会やイベントが終わる時間を見計らって実施すれば良いので無駄な調査料金を掛けないですむメリットもあります。


また、休日出勤だったり、残業が多くなった為、帰宅が遅くなるという理由で浮気をする夫・妻が少なくありません。これらの情報も内部に情報提供者がいれば、かなり高い確率で正確な情報が得られる場合があります。


出来れば、浮気調査を依頼する前に事前に情報を得ておいた方が、行動パターンがある程度把握でき、調査がスムーズに運びます。


あらゆる情報網を利用して確実性の高い日時に調査を実施することにより、空振りのない調査、また、調査費用を最小限に抑えることも十分可能になります。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional