埼玉県の探偵ならマックス調査事務所。情報・証拠収集は経験と実績豊富なマックスにお任せ下さい!

緊急対応について

トップ緊急対応について

埼玉県でお急ぎの方は、緊急調査に対応致します!

埼玉県内の緊急調査に対応

緊急の調査対応について

マックスでは、埼玉県内の浮気調査素行調査で、当日調査が急に必要になった場合など、緊急性が高いケースに対応させて頂いております。

現地到着まで一定のお時間が必要になりますので、なるべく余裕を持って、ご依頼ください。

但し、当社スケジュールの都合により、対応不可能な場合があります。予めご了承ください。

緊急対応の調査ケース

1.ご自身で、夫(妻)の車両にGPSを装着していて、ラブホテルに行ってい
  ることを確認したので、同ホテルから出て来るところを撮影してほしい。

2.浮気相手の自宅に行っていることが確認できたので、自宅から出て来ると
  ころの撮影をしてほしい。

3.特定の場所に、暫く駐車されている夫(妻)の車両が確認できているの
  で、一人で戻ってくるのか?何者かに送ってきてもらうのか?確認した
  い。

4.当日突然、出掛けると言い出し、浮気相手と接触する可能性が極めて
  高いと判断できる為、調査してほしい。

調査内容

ラブホテルの場合

駐車されている夫(妻)の車両を捕捉し、ラブホテル駐車場に駐車されている夫(妻)の車両、浮気相手と同ホテルから出て来た場面、車両に乗車する場面、車両が同ホテルを出て行く場面の撮影を行います。

※注意点
このケースでは、「ホテルにだれと入っているのか?」を確認できる浮気相手と一緒にいる夫(妻)の写真が必要になります。この為、当社の調査車両をホテル内駐車場に駐車し、待機することになります。駐車できる位置により、撮影が不可能な場合もあります。予めご了承下さい。

浮気相手の自宅の場合

浮気相手の自宅から出て来る、夫(妻)の撮影を行います。マンションやアパートなど、部屋が判明している時は、ドアの出入り撮影も可能な場合があります。

但し、部屋が判明していない場合や、立地条件により、ドアの出入りの撮影が不可能な場合は、エントランスや敷地内から出て来る場面の撮影となります。

特定の場所からの場合

車両に戻ってくる夫(妻)及び浮気相手の撮影を行います。その後の行動を監視したい場合は、引き続き、尾行を行い、行動確認致します。

※注意点
このケースでは、必ずしも駐車されている場所まで送られるとは限りません。離れた場所で浮気相手の車両を降りて、自分の車両まで歩いてくる可能性もある為、浮気相手の車両や顔を確認できないリスクが生じる場合があります。

想定外の夫(妻)の外出の場合

この場合、外出までの時間に余裕がある場合に限ります。例えば、午前中の会話の中で、出掛けることを知り、夕方に外出予定などの場合。なるべく早く、当社相談員と面談を行い、必要情報をお伺いし、調査準備を速やかに行います。

※事前にご提供頂く情報

1.夫(妻)のお写真(出来るだけ最近のもの)
2.夫(妻)の容姿、服装、所持品など。
3.車両情報(車種・色・ナンバー)
4.浮気相手が判明している場合は、その人物の容姿・他身元情報など。

※注意点
1.緊急調査の対応は、当社調査スケジュールが空いている場合に限ります。
2.当日のスケジュールにより、現場到着に時間を要する場合があります。
3.調査内容、難易度によっては、お断りさせて頂くことがございます。

調査料金について

緊急調査の場合は、基本の調査料金とは別に、緊急手配料として、プラス30,000円(税別)が掛かります。お支払いは、報告書受け渡し後になります。

県外からのご相談・ご依頼について

マックス調査事務所では、県外(地方)からの調査ご相談及び、ご依頼を受け付けております。

特に、浮気調査素行調査は地元の探偵事務所に依頼した方が、地域や立地に詳しい為、調査がスムーズに行えることや、緊急時にも即対応できるというメリットがあります。

埼玉県内が調査現場となるケース

  • 単身赴任で埼玉県内にいる夫の浮気・不倫調査を依頼いしたい。
  • 現在、別居中で実家の埼玉県にいる配偶者の浮気・不倫調査を依頼したい。
  • 実家を出て、現在埼玉県内に住んでいる息子・娘の様子が知りたい。
  • 埼玉県内にある営業所に勤務している社員の素行調査をお願いしたい。


    ※上記以外の理由により、埼玉県内での調査が必要の場合は、お気軽にお問い合わせください。当社の経験豊富な相談員が致します。



埼玉の探偵 マックス調査事務所

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional